2007年4月14日 エロ系のお話では無いのですが・・・

この美しい紅葉の朱く染まった葉は一ヶ月も経たぬ内に儚く散ってしまうのでしょう。

子供の頃は梅が咲こうが桃が咲こうが桜が咲こうが見向きもしなかった私ですが、人間年を重ねると何故か道端の雑草の花でさえ見て美しさを感じそして生命の尊さを感じたりします。

写真は航空公園の桜ですが今年は感動する程の何かを感じました。

狭山湖のホテルウォーターゲート等の下あたりの桜が満開の4月1日日曜日の事ですがホテルに続く道路が大渋滞をしておりいつもならお店から10分でいける所が裏道を使っても30分かかってしまいました。

それだけ桜に魅せられている方々が多くいらっしゃっるという事だと思います。

しかし、桜も梅も桃も花はもって一週間という所でしょう。

毎年あっという間に散ってしまいます。

だからこそ満開に美しく咲誇った時はより強く美しさを感じ感動すらする人もいるのでしょう。

店長三浦のコラムです!

メニュー

メニュー