2007年10月22日 映画好きの私ですが

映画好きの私三浦ですが17日発売の「スパイダーマンⅢ」を予約までして購入しました。

時間が無くて購入してから3日後やっと観る事ができました。

以前に「ルナ」と雑談をしていた時私が「スパイダーマンⅠ・Ⅱ」が面白いんですよ、と言うと彼女は鼻で笑ったので蜘蛛の糸づくしにして差し上げようかと思ったのですが、私の感想としましては両作品ともストーリー性8/10・映像迫力10/10・かっこよさ10/10ととてもすばらしいものだったと思います。

彼女も見たら納得したでしょう。

3作品とも激しくカッコいいアクションシーンのみではなく様々なテーマがあります。

主人公ピーターとヒロインとの恋愛ストーリーが切なく描かれており同時進行で特別な力を持つ事(超人的能力)を持つ事に対して抑揚を感じその反面責任や意味に苦悩する…等。

特に3作目はさまざまなテーマが複数交ざりあいもう一度始めから観たらまた感じ方が違うだろうなと思う奥の深い作品でした。

冒頭でも申し上げたとおりとても映画好きの私三浦ですが、最近はあまり映画館に行く事もできないので殆どDVDで観ています。

近所の大手レンタルビデオ店でよく借りていたのですが、中にはヒット作品の名前を一部拝借するような・・・例えば「エイリアン○○○○」のようなつい「エイリアン」の続編かと勘違いをしてしまいそうな作品よく見かけました。

そのレンタルビデオ店のお勧めコーナーで「プレデター○○○○」という作品を発見しました。

「えっ??プレデターにこんな続編あったんだ・・・」と・・・・この類の映画マニアの私としましてはどうしても観たい映画です。

レンタルし、急いで家に帰りプレイヤーONにするのですが・・・・・。

最初の5分程みて

「??変だな・・・・・」

そして30分後悲惨なニワトリみたいな形の一目見てゴムで作られているとわかる着ぐるみの宇宙人らしきものが登場し益々不信感大に・・・・・しかしストーリーの半分もなればかつてアーノルドシュワツエネガーと格闘したあのプレデターが出てくるのだろう・・・・・きっと出てきてくれるだろう・・・・そう信じ結局最後まで観てしまいました。

あまりにも悲惨でした。

約2時間・・・終わった時、既に外は真暗でした・・・・。

それは例えば仕事が休みの日、目が覚めたら既にとてもよく晴れた夕方だった・・・・のような感覚です。

それ以後、特撮やCGの完成度が悲惨な作品やストーリーがつまらないもの等はそれを感じた瞬間で「停止」ボタンを押し観るのをやめるようになりました。

何度かそのレンタルビデオで悲惨なものをつい借りてしまう事があり最近ではそのレンタルビデオ屋には行く気すらなくなってしまいました。

ちなみにそのレンタル屋ですがゲオではないレンタル屋さんとだけお話しておきましょう。

ゲオはとてもよいレンタル屋さんだと思います。

以前は仕事が終わった後ほぼ毎日通った事もありました。

もしかしたら支店によって違うのかもしれませんが、お勧めのポップに嘘は無かったと思います。

店長三浦のコラムです!

メニュー

メニュー