2007年12月25日 そして私はトランス状態に・・・・・

先日当店とは全く関係のないある人物とお台場のアクアシティ辺りに行きました。

「ハワイで一番有名なハンバーガーのテイストと雰囲気をそのままに!バーガーレストラン! 」というキャッチコピーの「クア・アイナ」というハンバーガー屋さんがアクアシティに御座います。

そこのハンバーガーはとても美味しくこれを食べる為だけに行く価値もあるでしょう。

しかし、この日の私の気の巡りは異常でした・・・・・。

まずアクアシティの駐車場から出る時に使う駐車券ですが、買い物をした時に貰った駐車券だけで駐車料金が完全に賄えると勝手に勘違いし思い込んでしまった私は事前精算機(駐車場出口の精算機で時間がかかる事を防止する為あらかじめ店内で駐車料金を精算できる物)で精算しなかった為、駐車場出口の料金支払機で支払う羽目になってしまいました。

駐車券分を差し引くと残金は200円でした。

100円玉を出し入れようとすると手元が狂い100円玉を落としました。

後ろを見ると待ちの方が3台ほど並んでいます。

落とした100円玉を拾うのは時間が掛かってしまうため反感を買うだろうと判断した私は違う100円玉を入れそこを出ました。

私はこのような金額の大小に関係なくお金をドブに捨てるような事象がとても遺憾で例えば残金が300円できちんと300円機械に入れたのであれば何の問題もないのですが、その100円を全く無駄にしてしまった事にものすごく心が痛みました。

この時点でテンションダウンです。

その後暫くして帰る段階で私のカーナビが異常なルートを案内した為首都高台場入り口を通り越してしまいました。

これでまたテンションダウンです。

これは納得できないと思い、そのまま一般道を走り次の首都高入り口から入ればいいものをわざわざ台場入り口まで戻る事にしUターンしましたらそこはなんと禁止区域でまたもや異常な事に草むら(道路脇の雑草が伸び放題の街路樹の植え込み部分)に隠れていた警察官が誘導灯を振り回しながら私の前に立ちはだかりました・・・・・・・・・。

そして私はトランス状態に・・・・・・・・・・・・。

あの時口からエクトプラズムが出ていたと思います。

標識を確認しなかった私が悪いのですが、罰金6000円です。

これもまたドブに捨ててしまった・・・・とものすごく落ち込みました・・・・・・・。

しかし物は考えようで、例えば100円玉滑落事件も例えば誰かがその100円玉を拾ったとしましょう。

多分きっとすごくラッキーと、きっと暫くそんなラッキー気分を満喫したでしょう。

そして警察官事件も私が払う罰金によって警察の防犯活動が6000円分強化され起こりうる悲しい事件が防げたのかもしれません。

そうであれば私が一見ドブに捨ててしまったと思ったあのお金達はそんな感じに生きたものであったのです。

そして最近注意力散漫になっていた私も気を引き締める事が必然的にできました。

まあそれでよかったのかなと・・・・。

店長三浦のコラムです!

メニュー

メニュー